横浜南はり灸院は横浜市南区の鍼灸院|P有、日曜祝日診療|蒔田(まいた)駅 ①出口 1分|顔面神経麻痺から自律神経失調症、パーキンソンまで|1998年開院

横浜の鍼灸は横浜南はり灸院であなたのお困りの症状を解決します。

Top / お困りの症状は?

WHO(世界保健機構)が認めた鍼灸治療の適応症など

鍼(はり)治療は、さまざまな症状に対応できます。

横浜/南はり灸整骨院
  • WHO(世界保健機構)は
    下記疾患等を、鍼(はり)治療の適応症としています。
  • 横浜南はり灸院では、西洋医学と東洋医学を融合させた、
    最善・最新の治療をご提供させていただいております。
  • お困りの症状がございましたら、ぜひご相談下さい。
    必ずお役に立てることと思います。

神経系

運動器系

消化器系

  • 胃炎・逆流性食道炎・胃下垂症・胃酸過多症・胃痙攣・胃/十二指腸潰瘍・食欲不振・口内炎・消化不良・慢性肝炎・胆石症・慢性腸炎・便秘・下痢・痔など

循環器系

  • 高血圧症・低血圧症・心臓神経症・動悸・浮腫・冷え症など

内分泌系

  • 糖尿病・甲状腺機能障害・痛風

呼吸器系

  • 風邪・扁桃炎・咽頭炎・気管支炎・喘息・咳など

泌尿器系

  • 前立腺肥大・慢性腎炎・膀胱炎・ネフローゼ・頻尿/多尿・尿道炎など

感覚器系

婦人科系

小児科系

  • 小児喘息・夜尿症・夜泣き・かんの虫・消化不良・虚弱など

その他

  • 自律神経失調症・不眠症・美容・ストレス性疾患・心身症・アレルギー・慢性疲労・虚弱体質改善・交通事故後遺症と鍼灸・成人病の予防


健康診断や病院の検査では異常がないのに具合が悪い・・・  

西洋医学の検査は、ストレスや生活上の不調和などから起こる体調の不具合をすべて調べるようにはなっていません。

検査の正常値からの隔たりからの判断に頼っています。どこかが壊れているという状態まで残念ながら、発見することは難しいかもしれません。

それでも身体の不調を感じるのは確かにあなたのからだの、どこかが正しく機能していないからです。

それを見つけるには東洋医学独自の視点が役に立ちます。
体の細かい異常や不調を探し出して、治療、改善していくのは、鍼灸(はり灸)治療の最も得意とする分野です。

リハビリや電気治療や足裏マッサージなどをしても変わらない・・・

慢性の痛みに対して電気治療などをしても楽にならない時は、
鍼灸(はり灸)治療をぜひ、お試しください。

またマッサージをしたときは気持ちよいが、すぐに戻ってしまう頑固なコリにも、
鍼灸(はり灸)で効果が長持ちします。

症状がいろいろあって、何科にいってもはっきりしない・・・

あちらこちらとつらいところがいくつもあり、病院では全てを診てもらえない、あるいは、主訴の数に応じてそれぞれに対応するとされる薬の種類がどんどんと増えてしまうのが嫌なときも、鍼灸(はり灸)は効果があります。

細かい症状も良くお聞きして最善の対応をさせていただきます。

ストレスや心配事で体調が悪い。そして「検査数値は、異常ない。」というとき

鍼灸(はり灸)治療は、心と身体を一体に診て治療していく医学です。
体の治療をしながら心の治療も同時に行っていきます。

お聞きになりたい事がある方は何でもお聞きください。相談事がある人はどうぞ何でも相談してください。
“話をする”という作業そのものが、心をほぐし、そしてその心と体そのものを回復させる大切な治療といえます。

薬を飲めない、飲みたくない。また手術が選択できないとき・・・

特異体質や、妊娠、授乳中、胃弱など、薬が使用できない、また高齢や他の病気(心臓病,糖尿病など)により手術ができないときなども、治療法の一つの選択肢として鍼灸(はり灸)はきっとお役に立てることと思います。

もっともっと、ずっと元気でいたい・・・

鍼灸(はり灸)治療の究極の目的は、“未病治(病気になる前に治す。)”です。定期的にはり(鍼)治療を受けることで、よりよい健康な人生のお手伝いを出来ることと思います。  

横浜南はり灸院 院長 原 口 博

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional