横浜南はり灸院は横浜市南区の鍼灸院|P有、日曜祝日診療|蒔田(まいた)駅 ①出口 1分|顔面神経麻痺から自律神経失調症、パーキンソンまで|1998年開院

横浜市の鍼灸・はり灸治療は横浜南はり灸院へ-養生について

Top / 養生について

はり灸の治療でも養生が大切です。

再び病に悩まされないためにも、ぜひ、ご協力ください。

睡眠はもっとも大切な内容です。

午前0時にはお休みいただいていることは重要です。

動物である人間も、深夜には休んでいることが必要と考えられます。

はり灸の治療直後の入浴はお控えください。

はり灸の治療後、ご入浴は1時間ほどあけてから、

また長湯はお控えください。

急性炎症など入浴を控えていただく場合などは、その都度アドバイスをさせて頂きます。

アルコール類は控えてください。

眠れないからと、飲酒をする方がおられますが、

アルコールの催眠作用はほとんどなく、

また水分代謝にとってもマイナスになります。

食事は腹八分目を心がけてください。

刺激性食品、消化の悪いものも避けてください。

そしてもっとも大切なことは、

治療を第一に考え、雑事に気を使い神経を疲労させない、

ゆったりした日常にご協力ください。

その他、症状に応じてお話をさせて頂きます。

一日でも早いご回復のために

ベストのはり灸治療と、最善の環境作り

最短で最大の効果をもたらしますので

ぜひご協力くださいますよう、

心よりお願い申し上げます。


横浜南はり灸院 原 口 博 


powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional