横浜南はり灸院は横浜市南区の鍼灸院|P有、日曜祝日診療|蒔田(まいた)駅 ①出口 1分|顔面神経麻痺から自律神経失調症、パーキンソンまで|1998年開院

横浜市の鍼灸・はり灸治療は横浜南はり灸院へ-はり灸はこんな時に!

Top / 鍼灸はこんな時に!

健康診断や病院の検査では異常がないのに具合が悪い・・・  

西洋医学の検査は、ストレスや生活上の不調和などから起こる体調の不具合をすべて調べるようにはなっていません。
検査の正常値からの隔たりからの判断に頼っています。どこかが壊れているという状態まで残念ながら、発見することは難しいかもしれません。
それでも身体の不調を感じるのは確かにあなたのからだの、どこかが正しく機能していないからです。
それを見つけるには東洋医学独自の視点が役に立ちます。
体の細かい異常や不調を探し出して、治療、改善していくのは、はり灸治療の最も得意とする分野です。

リハビリや電気治療や足裏マッサージなどをしても変わらない・・・

慢性の痛みに対して電気治療などをしても楽にならない時は、
はり灸治療をぜひ、お試しください。
またマッサージをしたときは気持ちよいが、すぐに戻ってしまう頑固なコリにも、
はり灸で効果が長持ちします。

症状がいろいろあって、何科にいってもはっきりしない・・・

あちらこちらとつらいところがいくつもあり、病院では全てを診てもらえない、あるいは、主訴の数に応じてそれぞれに対応するとされる薬の種類がどんどんと増えてしまうのが嫌なときも、はり灸は効果があります。
細かい症状も良くお聞きして最善の対応をさせていただきます。

体調が悪い。でも「検査数値は、異常なし」というとき・・・

はり灸治療は、心と身体を一体に診て治療していく医学です。
体の治療をしながら心の治療も同時に行っていきます。
お聞きになりたい事がある方は何でもお聞きください。相談事がある人はどうぞ何でも相談してください。
“話をする”という作業そのものが、心をほぐし、そしてその心と体そのものを回復させる大切な治療といえます。

薬を飲めない、飲みたくない。また手術が選択できないとき・・・

特異体質や、妊娠、授乳中、胃弱など、薬が使用できない、また高齢や他の病気(心臓病,糖尿病など)により手術ができないときなども、治療法の一つの選択肢としてはり灸はきっとお役に立てることと思います。

もっともっと、ずっと元気でいたい・・・

はり灸治療の究極の目的は、“未病治(病気になる前に治す。)”です。
定期的にはり治療を受けることで、よりよい健康な人生のお手伝いを出来ることと思います。  

鍼治療・灸治療は痛みやこりに優しく。

 
痛みの治療は,鍼灸(はりきゅう)がもっとも得意とするものです。

急性、慢性の腰痛はもちろん坐骨神経痛、三叉神経痛をはじめとする各種神経痛、

頸椎を痛めたことからくる腕や頭の痛みや、しびれ、

リウマチなどの慢性関節炎といった疾患の治療にはり灸治療は大変に効果があります。

はり灸(鍼灸)の治療で病を治すということは…

痛みやしびれなど不調の原因となる筋肉の“張り”や筋の“こわばり”をゆるめることで、

支える骨格系のゆがみを正し

神経や関節の周りの血流を促すことによって治すという根本療法なのです。

薬のように副作用がなく体に優しい、治療効果の高い鍼灸治療。

1人でも多くの方々にぜひ一度体験していただきまして、

より健康でより充実した生活を送って頂けたらと願っております。

はり灸(鍼灸)そして、東洋医学の考え方

 それは、「身体を治し、身体がその病を治していく」というものです。

身体が本来持つ自然治癒力を取り戻し、日常生活の苦痛から徐々に快方に向かっていくのです。

鍼灸は「心と体のまるごと」を対象として治していくという「全人的医療」を目指しています。

「鍼灸には、人を元気にする力がある。」というのはその全人的医療そのものなのです。

横浜南はり灸院  原 口  博 

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional