横浜南はり灸院は横浜市南区の鍼灸院|P有、日曜祝日診療|蒔田(まいた)駅 ①出口 1分|顔面神経麻痺から自律神経失調症、パーキンソンまで|1998年開院

横浜市の鍼灸院:横浜南はり灸院の院長 原口 博の自己紹介

Top / 院長プロフィール

原 口 博 (はらぐち ひろし)  

1959年(昭和34年)6月10日生まれ…残念ながら休日ではない【時の記念日】です。 
東京都中野区出身、ふたご座、A型

横浜南はり灸院 院長 原口 博

・神奈川県大和市立 大和中学校卒
   
 中学時代は「写真部」所属。
 今では見なくなった「フィルム」で撮影して現像・引き伸ばしまでやりました。

 このサイトの写真も自分で撮影しております。
   
・神奈川県立 厚木高等学校卒
   
 見た目に似合わず「硬派志向」で
 高1~2年までは「応援団」所属。
 が、体力がチョッと続かず幹部は断念。
 (嗚呼花の應援團、ご存知ですか?)
   
・明治大学 経営学部卒
   
 硬派志向続きで明治大学に入学するも
 同時に入学した鍼灸学校とのダブルスクールで
 昼は大学、夜は鍼灸学校という超ハードスケジュールにて
 <明大前-御茶ノ水-渋谷>の間を移動、移動また移動の毎日でした。

日本鍼灸理療専門学校 卒業

日本柔道整復専門学校 卒業
   
・鍼灸師 免許取得(厚生労働省認可:国家資格)
・柔道整復師 免許取得(厚生労働省認可:国家資格)

  • (どちらも国が認めた専門学校で医学と実技を3年間学び、国家試験に合格した者に与えられる資格です。)

鍼灸学校在学中から神奈川県大和市の大和鍼灸院にて中医師 徐 英詞氏(大和鍼灸院名誉院長)に師事し、中国鍼灸(はり灸)治療学を学ぶ。

鍼灸師免許取得後は、副院長として、中国鍼灸治療をさらに深める。

高畑整形外科医院にて整形外科一般外来診療を研修。

平成4年に横浜市南区出身の妻と結婚。
妻の出身地である横浜市の南区にて平成10年(1998年)、横浜南はり灸院を開院

原口 博&紀美子:横浜市の鍼灸でしたら私たちにぜひお任せ下さい。

現在まで妻と二人三脚にて、
診療に当たらせていただきまして
お蔭様で24周年を迎えることが出来ました。
これからも微力ながら皆様のお役に立ちたいと
二人で願っております。
   

鍼灸治療と整形外科治療を同時に、学んできました。

   
優劣を付ける為ではなく、すべては患者様のため、

中医師免許証

『今、何を治療のために選択すべきか?』

そのことをいつも考え続けています。

現代医学の長所とその欠点は、いつも同時に存在する。

そんな印象の中、今も研鑽の毎日です。

『患者様のために私は今、何が今出来るのか・・・』

はり灸治療の臨床家は皆いつも、日々この一点を考えつつ治療にあたっています。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional