横浜南はり灸院は横浜市南区の鍼灸院|P有、日曜祝日診療|蒔田(まいた)駅 ①出口 1分|顔面神経麻痺から自律神経失調症、パーキンソンまで|1998年開院

横浜市の鍼灸・はり灸治療は横浜南はり灸院へ-はり灸治療のながれ

Top / 鍼灸治療のながれ

はり灸(鍼灸)治療のためのカウンセリング

  • はり灸(鍼灸)治療の前にお話をお伺いし、ご来院の原因となった疾患の部分を治していくため、経過、症状を充分にお聞きし、治療法を考えていきます。
    横浜南はり灸院の治療は、はり、きゅう、マッサージの治療を病状に応じて適宜組み合わせて治療致します。

はり灸(鍼灸)の治療

  • はり灸(鍼灸)の治療院が10軒あればその治療方法が10通りあるのではないかと言われます。
    横浜南はり灸院のはり灸(鍼灸)治療の特徴は、
    はりの本数を12~3本に抑えながら、置鍼という、伝統的な基本治療法を用い、
    最小の刺激量で最大の効果を得ることが出来るという点です。
    初めてはり灸(鍼灸)治療を受ける方は、「痛いのではないか?」、というご心配が強いのではないでしょうか。ご安心下さい。南はり灸整骨院では、小学生のお子様も通っている位で、
    蚊にさされるより痛くないと思います。

お灸の治療

  • 糸状灸(糸のような細くしたもぐさ)を用い、
    チクっという一瞬熱さを感じますが
    お肌に跡を残すことはまったくございません。
    お灸の本来のつぼ刺激として、せんねん灸とは違う、
    最大の効果が期待できる本当のお灸、「直接灸」をぜひご体験下さい。
  • 痕の残らない、当院のお灸は絶大の効果をお伝えできます。
    お灸のみの治療も症状に応じて、受け付けておりますので
    ぜひ、ご相談下さい。

医療マッサージ

  • 横浜南はり灸院では、必ず最後には肩上部、うなじの指圧及びマッサージで仕上げます。
    首、肩のマッサージは、全身の回復の基本と考えております。

さらに効果のある治療などを併用

  • 可視光線治療器~皮膚から体への強い熱の浸透効果あり。皮膚科疾患に効果があります。
  • カッピング(吸角治療)~強い“こり”や“うっ血”の解消に即効性があります。
  • 赤外線治療器~より深部への温熱効果は絶大で鍼治療との相性は良好です。
  • 灸頭針療法~最新のカーボン灸により、より温かく、鍼からの熱浸透効果を及ぼします。
  • 皮内針療法~治療のための長さ1mm以下の特殊な鍼(はり)を貼り、持続的な効果があります。

これらの治療法を、はり灸治療に加えて用いながら、
一日も早く患者様の体調を改善するように組み立てます。

別途加算料金は、いただいておりません。
はり治療に相乗・相互作用が期待されるこれらの治療法は、積極的に取り入れさせていただいております。ご安心してお任せ下さい。

反応及び副作用について

体質によっては、治療後一時的に色々な症状が出てくることがあります。
これを漢方で瞑眩(めんげん)といってむしろ効果の現れる証拠とされていますから
ご心配はまったくありません。
必ず良い結果を期待できます。
また、一部の薬にみられるような習慣性や副作用はございません。

治療効果と治療回数について

はり灸治療の効果は発症して日の浅い疾患ほど早く治ります
一回の治療で激しい症状がピタリと軽減することがしばしばありますが慢性症状になりますと
1~2回の治療では難しい場合もあります。
どの位の頻度で通院するかは、お一人お一人異なりますので、治療の際にお話をさせていただきます。

はり灸(鍼灸)治療のあとの注意点

睡眠は十分とること。特に午前0時には就寝していることが、より早いご回復にお役に立ちます。
治療直後のご入浴・サウナは、血行が良くなっているので、しばらく時間をおいてお入りください。
アルコール類も、同じ理由で飲酒の量に注意してください。
食事は腹八分目のこと。刺激性食品 不消化物はとらないこと。雑事に気をつかい精神を疲労させないこと。

''横浜南はり灸院     院長 原 口  博

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional